大森産婦人科医院|まごころをあなたのために

メニュー

入院について入院について

入院のタイミング

陣痛かな?と思った時、出血(おしるし)や破水があったら、昼夜を問わず、まず電話でご連絡ください。

079-448-1103

入院生活について

入院期間について

初産のお母さん
産後6日目くらいで退院が目安
経産婦のお母さん
産後5日目くらいで退院が目安

母児同室

産後2日目より昼間に母児同室を行い、産後3日目は夜間の母児同室をしていただきます。
自信がついたら4日目より24時間母児同室をします。ゆっくり赤ちゃんとの生活に慣れていきましょう。

沐浴指導

お食事様子

赤ちゃんの沐浴は、体を温めるよりも清潔に保つために行うものです。
育児が初めてのお母さんには、まず人形で沐浴の練習をしていただいてから、赤ちゃんで実践しましょう。
すぐに上手にできますよ!

面会時間いついて

入院中のお母さんと赤ちゃんのセキュリティーと安全を重視しておりますので、面会時間を制限させていただいております。

面会時間
14:00~18:00

お食事について

お母さんの笑顔と赤ちゃんのすこやかな発育のために、アレルギーリスクの少ない、食材や和洋折衷のバランスを考えたメニューです。
自分へのご褒美だと思って、ほっとする食事の時間をお過ごしください。

料理の写真をクリックすると拡大表示いたします。

赤ちゃんの検診・検査

新生児の聴覚スクリーニング検査について

当院で出生されたすべての赤ちゃんに聴力検査を行っています。
言葉の発達には聴力が必要です。音の刺激を繰り返し受けることによって、脳が学習・発達し、言葉の意味を理解できるようになります。
元気に生まれてくる赤ちゃんでも1000人に1~2人の割合で聴覚障害の赤ちゃんがいるといわれています。聴力検査を行わない場合、赤ちゃん自身が症状を訴えることがないので、2~3歳頃になって『言葉が遅い』ことから、初めて難聴に気づくことが少なくありません。聴覚に問題がある場合でも、発見が早いほど適切な治療や訓練によって、聴力や言葉の発達を促すことができます。

入院中の小児科検診

入院中、定期的に小児科の先生が健診をして、赤ちゃんの健康状態をチェックしています。

入院中の教室サポート

産後元気な赤ちゃんを育てるために入院中に参加できる教室を開催しております。

詳しくは各種教室へ

退院後の1ヵ月健診

小児科の磯川先生(いそかわキッズクリニック院長)が診察をします。
育児の疑問や不安に、子供のワクチン接種について、わかりやすく答えてくれます。

いそかわキッズクリニックのホームページ